デリケートゾーンの痛くない脱毛法とは

デリケートゾーンのアンダーヘアの脱毛ってどうしたら良いのか分からない方、多いのではないでしょうか。

 

近年、VIOラインの脱毛も普及してきましたが、皆がどういう脱毛法をしているのかなんて聞けませんよね。

 

しかも、デリケートゾーンは皮膚が薄い割にデリケートゾーンを守る為に生えているアンダーヘアは毛が太いので「脱毛すると痛そう…」というイメージも強くあります。

 

そこで痛くない、安全なデリケートゾーンの脱毛法をお教えしていきたいと思います。

 

デリケートゾーンの脱毛に厳禁な事

まず、デリケートゾーンに傷を付けない安全で、かつ痛くない脱毛法を行うに当たってやってはいけない事を挙げましょう。

 

・カミソリや毛抜きは使わない

 

・除毛クリームを使わない

 

カミソリや毛抜きはデリケートゾーンにとって刺激が強いもの。

 

カミソリは自分で処理をするに当たって、なかなか見えにくい中で行うと間違えて傷を付けてしまう可能性もありますので、避けた方が良いですね。

 

また除毛クリームも、皮膚が薄いデリケートゾーンにはあまり良いとは言えませんね。

 

デリケートゾーンの脱毛法

デリケートゾーンを自分で脱毛する時には、電気シェーバーを使った脱毛法が一番安全です。

 

電気シェーバーも全く刺激がない訳ではありませんが、カミソリや毛抜きよりは安全といえます。

 

まず、アンダーヘアを脱毛するに当たってどういう形にするのかあらかじめペンなどで形を決めておけば良いですね。

 

また、電気シェーバーで脱毛をする時にはあまりアンダーヘアが長過ぎても上手く脱毛出来ないので、少し短くしておきましょう。

 

約1cm程度にしておくのがオススメです。

 

アンダーヘアの脱毛は肌にとって刺激になりますし、炎症を引き起こしてしまってはいけませんので脱毛を行う前後はしっかり保湿をするようにしましょう。

 

アンダーヘアを自己処理する手順としては…

 

1.ハサミで全体のアンダーヘアを短く切りましょう

 

2.アンダーヘアの脱毛前にしっかり保湿をする

 

3.ホットタオルを使って温めれば、アンダーヘアが柔らかくなって脱毛しやすくなります。

 

4.電気シェーバーで剃っていきます。

 

5.脱毛を終えた後は再度保湿をして完了です。

 

以上がアンダーヘアを脱毛する時の手順になります。

 

デリケートゾーンにとってダメージにならないように保湿をたっぷりしてあげる事で、脱毛の刺激を軽減する事が出来ますので必ず行ってくださいね。

 

また、脱毛を行ってから下着からアンダーヘアがはみ出さないかの確認を必ず行うようにして下さい。

 

脱毛は方法を間違えなければ痛さを軽減出来ますし、生理時の不快感やデリケートゾーンのムレを解消できますのでアンダーヘアの脱毛は出来るならしておく事をオススメします。

 

 

デリケートゾーン,脱毛法

 

デリケートゾーン,脱毛法

関連ページ

間違えてしまいがちなデリケートゾーンの正しい洗い方
なかなか教わるものでもなく、人にもなかなか聞きづらいデリケートゾーンの正しい洗い方をご存知ですか? 「これで合っているだろう」 …とやっているデリケートゾーンの洗い方、実は間違っているかもしれませんよ。むしろ正しい洗い方が出来ていないままだと、デリケートゾーンのニオイが臭くなったり汚れが落ちきれていなければ様々な肌トラブルを引き起こしてしまう可能性まであります。 そんな間違えがちなデリケートゾーンの洗い方は一体どのようにすれば良いのかをまとめてみました。
デリケートゾーンのかゆみとムレの原因と対処法
女性には非常に悩みの種となる「デリケートゾーンのかゆみやムレ」。仕事中にいきなりくるかゆみ、外出先でいきなりかゆくなっても対処するのは難しいですよね。 そんなツラいかゆみを引き起こしてしまう原因とは一体何なのでしょうか。
デリケートゾーンのにおいを発生させない予防法とは。
女性なら大好きな彼にデリケートゾーンが臭い…なんて思われたくないですよね?実は自分で分からないまま、デリケートゾーンの臭いが臭いと思われているかも。そんなデリケートゾーンの臭いを予防出来る方法と臭いが強くなる時期についてまとめてみました。
デリケートゾーンの全ての悩みを解消します。
デリケートゾーンとその周辺のトラブルで悩んでいる女性はすごく多いのですが、対処方法を間違い、逆に酷くなっちゃっている方も多いのです。 「本当に、このやり方でデリケートゾーンの悩みが解消できるの?」 そんなデリケートゾーンの疑問や悩みを全て解消しちゃいます♪あなたの悩みが1つでも解消されるお手伝いが出来たらいいなと思っています♪