膣の中は洗うべき?膣洗浄のメリット・デメリット

デリケートゾーンに対するケア一つ「膣洗浄」は知っていますか?

 

膣洗浄とは一体どんなものなのか、メリットとデメリットについてまとめてみました。

 

膣洗浄とは?

膣洗浄はその名の通り、膣内を綺麗に洗浄する事です。

 

一般的には産婦人科で行われ、自分でやるにはウォシュレットトイレのビデ機能を使用すれば行えますが、あまりオススメは出来ません。

 

膣洗浄をもし自分で行う場合には、薬局に使い捨て出来るビデが販売されているので衛生面を考えるとそちらを使用する事をオススメします。

 

膣洗浄のメリットとは?

一般的にデリケートゾーンを洗う時には、膣内まで洗わない方が良いとされていますが膣洗浄にはメリットがあるでしょうか。

 

まず、膣洗浄にはメリットもあります。

 

ですが、あまり頻繁に行う事は膣にとって悪影響の方が多くなります。

 

膣洗浄のメリットとしては、膣内に溜まったおりものや生理中なら経血などを洗い流す事が出来ます。

 

おりものは排卵期の前後に量が増加しやすくなりますが、おりものの量が増加すると下着に付着してしまい細菌が繁殖する原因となります。

 

出来れば清潔に保つ為にもおりものシートを使用するべきですが、おりものシートを使用していてもおりものは溜まりやすいので排卵期前後は膣洗浄を行っても良いかもしれませんね。

 

次に生理中の膣洗浄のメリットは、あくまで生理の終わりかけの状態の膣内に残ってしまった経血を洗い流す為には膣洗浄が最適です。

 

膣内に経血が残ったままでは、不快感が残りやすくデリケートゾーンにとって刺激にもなるので綺麗に洗い流す事は清潔に保つ為には欠かせません。

 

膣洗浄のデメリットとは?

デリケートゾーンを洗う時も膣内は洗わなくて良いとされていますが、膣洗浄は綺麗に出来るだけでなくデメリットもあります。

 

まず、膣内というのは外部から侵入してくる細菌や感染菌を追い出す為に弱酸性の環境を自ら保っています。

 

膣洗浄は確かに膣内に残ったおりものや経血などを洗い流す事が出来ますが、頻繁に膣洗浄を行ってしまうと膣内を弱酸性の環境に保っている菌まで洗い流してしまうんです。

 

せっかく弱酸性に保ち、自ら菌の侵入を防いでいるというのに膣洗浄で洗い流してしまうと細菌や感染菌が侵入してしまって炎症を引き起こしてしまったり、感染症を引き起こしてしまいかねません。

 

膣洗浄を行う場合は、

 

・ウォシュレットトイレのビデではなく薬局に販売されている使い捨てビデを使用すること

 

・おりものの量が多く不快感を感じる時と生理の終わりかけに行うこと

 

この2点を守ることで、清潔な状態を保てますし膣内にとって悪影響にもなりません。正しく安全な膣洗浄を行いましょう。

 

 

デリケートゾーン,膣洗浄

 

デリケートゾーン,膣洗浄

関連ページ

セックス後の陰部や外陰部の皮膚トラブル
セックスをしている最中、または行為が終わった後に陰部にかゆみや痛みなどの皮膚トラブルが起きてお悩みの方は居ませんか? 実はセックスを終えてから、「何だかヒリヒリするような…」というデリケートゾーンの皮膚トラブルを感じている女性って多いんです。 しかしながら、なかなかパートナーに対して痛みやかゆみなどの皮膚トラブルが起きている事を打ち明けづらいと思います。 そんなセックス後に起きる皮膚トラブルの原因についてお教えします。
セックス時の膣の痛み「性交痛」とは?
パートナーとの愛情を確かめるセックスの最中に感じる「性交痛」。せっかくの時間を痛みを感じる中耐えるようにセックスをするのは辛いですよね。そんな辛い痛みを引き起こす「性交痛」とは一体何なのでしょうか。