セックス時の膣の痛み「性交痛」とは?

パートナーとの愛情を確かめるセックスの最中に感じる「性交痛」。

 

せっかくの時間を痛みを感じる中耐えるようにセックスをするのは辛いですよね。

 

そんな辛い痛みを引き起こす「性交痛」とは一体何なのでしょうか。

 

セックス中に起きる「性交痛」って何?

 

性交痛はセックスをしている最中や挿入しようとした時に発生する場合の2か所あります。

 

それぞれ痛みが発生する場所によって、原因は異なります。

 

まず、挿入する時…つまり膣の入り口に痛みを感じる場合に考えられる原因としては、膣炎や外陰部に炎症を起こしている可能性があります。

 

次に膣の奥に痛みを感じる場合に考えられる原因としては、子宮内膜症などの病気が引き起こす痛みの可能性があります。

 

もちろん性交痛を感じたらなるべく早めに産婦人科を受診する事で、病気によるものなのか、それとも炎症によるものなのかが調べられますので痛みを感じたら病院での受診が基本です。

 

セックス中に起きる「性交痛」の原因

 

炎症や病気以外にも性交痛を引き起こす原因はあります。

 

緊張やストレスを感じている場合

例えばセックスをする度に性交痛に悩まされているような方であれば、「また痛くなるかも…」と緊張してしまったり、セックスそのものがストレスになってしまったりします。

 

緊張やストレスを感じている状態では、自律神経の働きによって濡れにくくなるのでセックス中の痛みを感じる原因となります。

 

前戯が足りない

セックスの前に必ず前戯を行いますが、その前戯の時間が不十分な場合はあまり濡れていないまま挿入する事になります。

 

濡れていないままセックスをすると、膣内に傷が付きやすく摩擦による刺激が痛みとして体に伝わります。

 

体質によるもの

人間はそれぞれ体の作りが異なります。

 

中には膣が元々狭い方も居れば、子宮が通常とは異る子宮奇形の方も居ます。

 

特定のパートナーとセックスをした時に性交痛を感じる訳ではなく、こういった生まれつきの体質が原因となっている場合は誰が相手であっても性交痛に悩まされてしまいます。

 

また、コンドームの素材にアレルギー反応を引き起こす方も中には居ます。

 

金属アレルギーと考え方としては同じですね。

 

以上のように、セックスの最中に感じる性交痛には様々な原因が考えられます。

 

体質…病気…乾燥、実に様々ですが、まず性交痛を感じた場合は恥ずかしがらずパートナーに相談しましょう。

 

もし病気により引き起こされていれば、病気の種類によってはパートナーにも感染している可能性がありますので、一人で抱え込まないで下さいね。

 

痛みをセックスの度に強く感じていたり、不正出血に悩まされていたりする場合にはなるべく早めに産婦人科を受診するようにしましょう。

 

 

デリケートゾーン,セックス,性交痛

 

デリケートゾーン,セックス,性交痛

関連ページ

膣の中は洗うべき?膣洗浄のメリット・デメリット
デリケートゾーンに対するケア一つ「膣洗浄」は知っていますか?膣洗浄とは一体どんなものなのか、メリットとデメリットについてまとめてみました。膣洗浄はその名の通り、膣内を綺麗に洗浄する事です。一般的には産婦人科で行われ、自分でやるにはウォシュレットトイレのビデ機能を使用すれば行えますが、あまりオススメは出来ません。
セックス後の陰部や外陰部の皮膚トラブル
セックスをしている最中、または行為が終わった後に陰部にかゆみや痛みなどの皮膚トラブルが起きてお悩みの方は居ませんか? 実はセックスを終えてから、「何だかヒリヒリするような…」というデリケートゾーンの皮膚トラブルを感じている女性って多いんです。 しかしながら、なかなかパートナーに対して痛みやかゆみなどの皮膚トラブルが起きている事を打ち明けづらいと思います。 そんなセックス後に起きる皮膚トラブルの原因についてお教えします。