ビデ(温水洗浄便座)と使い捨てビデの正しい使い方

日本のトイレには今や必ず付いている温水洗浄便座の「ビデ機能」は、どういった時に使うのかご存知ですか?

 

今回はビデと薬局などで販売されている使い捨てビデのそれぞれ正しい使い方とメリットについてまとめてみました。

 

温水洗浄便座(ビデ)の使い方とメリット

日本でも今や一般的になっている温水洗浄便座ですが、色々な機能が付いていますよね。そんな中でもビデの使い方は知っていますか?

 

ビデは基本的に女性の生理中の不快感を解消する為に利用されます。

 

生理の終わりかけには経血が膣内に溜まってしまう事がありますので、ビデ機能を使う事によって膣内に残る経血を洗い流す事が出来ます。

 

使用するタイミングとしては、排便、排尿後に使用してトイレットペーパーで水分を拭き取ったら乾燥機能を使うという手順です。

 

使用するときは生理中じゃなければいけないという訳ではなく、おりものの分泌量が多くて不快感を感じる時に使うのも良いですね。

 

やはりおりものの汚れや生理の終わりかけの残留経血は不快感を感じてしまうものですから、ビデを使って洗い流せるのは清潔に保つ事がメリットです。

 

ですが基本的に日本のビデは、外陰部に付着した汚れを除去する為に作られている為あまり水の勢いを強くし過ぎるのはかえって膣炎を引き起こしたりする可能性がありますのでオススメしません。

 

使い捨てビデの使い方とメリット

温水洗浄便座は普及しているものの、こちらはあまり普及していない使い捨てビデとはどのようなものなのかというと、滅菌処理をされた水が入っているタンク部分と膣内に挿入する部分で出来ています。

 

膣内には指を入れたりして洗う訳にはいきませんから、使い捨てビデを使うことで膣内に溜まる汚れを洗い流す事が出来ます。

 

膣内には汗や皮脂などの分泌物が溜まりやすく、生理中には経血が溜まって残ってしまう時もあります。

 

日本の温水洗浄便座は、外陰部に付着した汚れを除去する為に作られている事から頻繁に使うことは衛生面の問題からもあまりオススメは出来ません。

 

しかし、使い捨てビデであれば既に滅菌処理された水を使用されていますから、衛生面も問題なく使用出来ます。

 

一般的に膣内はデリケートゾーンを洗う時には、洗うべきではないとされています。

 

膣内には細菌や感染菌などが侵入しないように、弱酸性の環境を保っています。

 

ですが、デリケートゾーンを洗う時に洗ったりしてしまうと、弱酸性に保っている環境が崩れてしまいます。

 

すると、細菌や感染菌が侵入するのを防げなくなってしまって膣内に炎症を起こしてしまったり、感染症を引き起こす可能性があります。

 

温水洗浄便座のビデ、使い捨てビデのいずれも使用する目的は外陰部、膣内の洗浄になります。

 

ですが、あまり頻繁に使用する事は反対にデメリットになってしまいますので不快感を感じてしまう時だけに留めましょう。

 

 

デリケートゾーン,ビデ,温水洗浄便座

 

デリケートゾーン,ビデ,温水洗浄便座

関連ページ

デリケートゾーンの生理時の気になるにおいの解消法は?
女性の方であれば生理が来る度にデリケートゾーンの嫌なにおいが周囲の人に気付かれていないかドキドキしますよね。 生理の時じゃなくてもデリケートゾーンというのは、特有のにおいを発してしまいやすく気になるもの。 それが生理中には更に悪化してしまいがちですから、出掛けるのも億劫になります。そんな生理中のデリケートゾーンの嫌なにおいはどうすれば解消出来るのでしょうか。
デリケートゾーンにやさしい布ナプキンの活用法
デリケートゾーンに不快な症状をもたらす「生理」を少しでも快適に過ごす為に注目されているのが「布ナプキン」と呼ばれるものです。 布ナプキンとは一体何なのか?使用方法と布ナプキンのメリットについてまとめてみました。
生理中のナプキンによるムレやかぶれの不快感の解消法
女性にとって不快な悩み「生理中のナプキンによるムレ、かぶれ」はどうして起こるのか?解消法があるなら試したいですよね。 そんな不快な思いを取り除く為にナプキンによって引き起こされるムレやかぶれの原因と解消法についてまとめてみました。
陰部のおりものの量とにおいについて
陰部から分泌されるおりものには、量が増えたりにおいがキツくなる場所があります。そのようなおりものの変化は時に病気への感染を教えてくれている可能性もあります。