デリケートゾーンの生理時の気になるにおいの解消法は?

女性の方であれば生理が来る度にデリケートゾーンの嫌なにおいが周囲の人に気付かれていないかドキドキしますよね。

 

生理の時じゃなくてもデリケートゾーンというのは、特有のにおいを発してしまいやすく気になるもの。

 

それが生理中には更に悪化してしまいがちですから、出掛けるのも億劫になります。

 

そんな生理中のデリケートゾーンの嫌なにおいはどうすれば解消出来るのでしょうか。

 

生理時のデリケートゾーンのにおいの原因

生理中は経血が分泌される事から特有のにおいを発生させていると考えがちですが、実は経血そのものは「無臭」なんです。

 

子宮の中では妊娠をしやすくする為に子宮内膜が作られています。

 

しかし、卵子が精子と結び合う事なく、卵子が不要となった場合卵巣から卵子を月に1度排出します。

 

これを排卵と言います。

 

生理が来る度に妊娠しやすくする為に子宮の内側に作られていた子宮内膜を体外に排出するのですが、これには膣からの分泌物や酵素、血液、粘膜など様々な物質が混じり合っています。

 

この経血が無臭であれば、何故においが発生しているのか?

 

原因としては、経血が時間が経って酸化する事です。

 

それに加えて経血には細菌が繁殖してしまいやすい事から、生理中のデリケートゾーンというのは嫌なにおいを発してしまうのです。

 

これは生理中に限らず、体臭は細菌が原因となります。

 

細菌は高温多湿な場所を好みます。

 

デリケートゾーンは常に下着に覆われていて、汗もかきやすい場所。細菌が繁殖するには充分な環境なんです。

 

経血には血液だけでなく様々な分泌物が混ざっている事から、細菌のエサとなる物質が多く含まれています。

 

そのため、生理中のデリケートゾーンは嫌なにおいを発してしまいます。

 

生理中のデリケートゾーンのにおいを解消するには?

細菌の繁殖が生理中のデリケートゾーンの嫌なにおいを生み出している事から、においを抑える為には細菌の繁殖を抑える必要があります。

 

デリケートゾーンは生理中じゃなくても高温多湿になりやすく、細菌が繁殖しやすい場所です。

 

生理中は経血という分泌物がある事から、更に湿度が上がります。

 

ムレやすく体温によって温められてしまいます。

 

そんな生理中のデリケートゾーンの嫌なにおいを抑える為には、まずナプキンをまめに交換すること。

 

生理中の嫌なにおいが起きてしまうのは、経血が酸化してしまう事にあるので、経血が付着したナプキンを長時間にわたって使用し続けるのはにおいを作り出す原因になります。

 

また、長時間使用していると細菌も繁殖しやすくなってしまいますからナプキンはこまめに取り替えましょう。

 

あと、生理の終わりかけには膣内に残ってしまった経血を綺麗に洗い流す為にビデを使用するのもにおい対策には良いですね。

 

生理中のデリケートゾーンから発生する嫌なにおいは気になるもの。まずは細菌を繁殖させない為にも、清潔な状態を保つように心掛けましょう。

 

 

デリケートゾーン,生理,におい

 

デリケートゾーン,生理,におい

関連ページ

デリケートゾーンにやさしい布ナプキンの活用法
デリケートゾーンに不快な症状をもたらす「生理」を少しでも快適に過ごす為に注目されているのが「布ナプキン」と呼ばれるものです。 布ナプキンとは一体何なのか?使用方法と布ナプキンのメリットについてまとめてみました。
生理中のナプキンによるムレやかぶれの不快感の解消法
女性にとって不快な悩み「生理中のナプキンによるムレ、かぶれ」はどうして起こるのか?解消法があるなら試したいですよね。 そんな不快な思いを取り除く為にナプキンによって引き起こされるムレやかぶれの原因と解消法についてまとめてみました。
ビデ(温水洗浄便座)と使い捨てビデの正しい使い方
日本のトイレには今や必ず付いている温水洗浄便座の「ビデ機能」は、どういった時に使うのかご存知ですか? 今回はビデと薬局などで販売されている使い捨てビデのそれぞれ正しい使い方とメリットについてまとめてみました。
陰部のおりものの量とにおいについて
陰部から分泌されるおりものには、量が増えたりにおいがキツくなる場所があります。そのようなおりものの変化は時に病気への感染を教えてくれている可能性もあります。