ビキニラインの自己処理方法と注意点

ビキニラインとも呼ばれているVIOラインを自分で処理したい!けど、ビキニラインの自己処理って不安だし、どうやれば良いの?

 

そんな疑問にお答えする為に、ビキニラインの自己処理方法と注意点についてまとめてみました。

 

ビキニラインの自己処理方法

ビキニラインと呼ばれるVIOラインは、角質層が薄く外部から与えられるダメージに弱い場所です。

 

自己処理に用いられるのは毛抜き、カミソリ、電気シェーバー、除毛クリーム、自宅用脱毛器など様々な方法があります。

 

Vラインの自己処理方法

 

まず、Vラインは陰部から離れている事もあり自己処理をするのが一番簡単な部位です。

 

ここを処理する場合には、下着からはみ出さない程度に処理をしましょう。

 

処理をする時に使用するのは、電気シェーバーがオススメです。

 

長さを揃える時にはヒートカッターを使いましょう。

 

ハサミでカットしてしまうと、毛先が尖ってしまう為下着や水着の穴を貫通してしまいますのでヒートカッターを使えば毛先を丸く出来るのでオススメです。

 

Iラインの自己処理方法

 

Iラインは自己処理をするには難しい場所です。

 

粘膜の部分に近い場所にあたる為、自己処理をすると言っても短くする程度になります。

 

ここを処理する場合にも、刺激の少ない電気シェーバーがオススメです。

 

Oラインの自己処理方法

 

ここは自己処理をする事は難しく、基本的にはサロンで脱毛を受ける事をオススメします。

 

Oラインなんて見せる事はないし…と考えるかもしれませんが、Oラインの処理をしておく事によってTバックなどの小さめな下着を身につけるのも恥ずかしくありません。

 

ここはサロンでの脱毛を受けるべきですが、レーザーよりも痛みが軽減されやすい光脱毛がオススメです。

 

ビキニラインを自己処理する際の注意点

アンダーヘアの自己処理は自分ではなかなか見えづらい部位である事から、難しくリスクもあります。

 

まず、注意したいのがビキニラインとも呼ばれているVIOラインは角質層が薄くて粘膜の部分も多い場所である事から傷を付けないように細心の注意を払う必要があること。

 

Vラインはまだ陰部から離れていますから、陰部を直接傷付ける事は少ないでしょう。

 

しかし、Iラインは特に粘膜の部分が近い場所である為に傷を付けてしまう可能性が高い場所です。

 

ビキニラインを自己処理する事は、確かにコストを抑えられますがデメリットも踏まえた上で処理をしましょう。

 

また、正しい処理方法を行わなければビキニラインの黒ずみや皮膚トラブルの原因となりかねません。

 

ビキニラインを自己処理する場合は、正しい方法で行うようにして下さいね。

 

 

アンダーヘア,ビキニライン,自己処理方法

 

アンダーヘア,ビキニライン,自己処理方法

関連ページ

アンダーヘアの正しい処理の方法
欧米では常識として行われている「アンダーヘアの処理」。日本でも普及しており、エステサロンで処理を受けたり、中には自分でアンダーヘアの処理をされる方も居ます。 そんなアンダーヘアの処理ですが、どうやってやるのかなんて人には聞きづらいですよね。 意外に知らないアンダーヘアの正しい処理方法についてまとめてみました。
アンダーヘアの除毛・脱毛後のお手入れ方法
欧米では常識のアンダーヘアの除毛・脱毛も今や日本でも普及してきました。ですが、普及してきていたとは言えアンダーヘアを処理してからのお手入れの方法を知らない方も多いでしょう。 アンダーヘアの処理も誤った方法を繰り返していては、黒ずみの原因になってしまったり、皮膚トラブルを引き起こしてしまいます。 そんな皮膚トラブルはアンダーヘアの除毛・脱毛をした後のケアが不足している事が原因かもしれません。