アンダーヘアの除毛・脱毛後のお手入れ方法

欧米では常識のアンダーヘアの除毛・脱毛も今や日本でも普及してきました。

 

ですが、普及してきていたとは言えアンダーヘアを処理してからのお手入れの方法を知らない方も多いでしょう。

 

アンダーヘアの処理も誤った方法を繰り返していては、黒ずみの原因になってしまったり、皮膚トラブルを引き起こしてしまいます。

 

そんな皮膚トラブルはアンダーヘアの除毛・脱毛をした後のケアが不足している事が原因かもしれません。

 

アンダーヘアの除毛・脱毛は肌にとって大ダメージ!

アンダーヘアの脱毛を行っている方も多いと思いますが、実はアンダーヘアの処理はデリケートゾーンにとってはかなりのダメージなんです。

 

デリケートゾーンというのは、他の部位に比べて角質層が薄い場所。

 

アンダーヘアの除毛・脱毛を繰り返し行い続けていると、肌が外部刺激から肌を守ろうとしてメラニン色素を生成してしまい、それが肌に沈着する事により黒ずみを作り出します。

 

アンダーヘアの除毛・脱毛を行う方法によって皮膚トラブルも異なりますが、炎症や色素沈着が起きるのは誤った方法を繰り返してしまっている為です。

 

アンダーヘアの除毛・脱毛を行った後のお手入れ方法とは?

まず、アンダーヘアを除毛・脱毛する事は肌にとっては刺激になります。

 

皮膚にとっては刺激となり、外部からの刺激から守るものがなくなってしまう為乾燥もしやすくなります。

 

除毛・脱毛を行う前には必ず保湿をしましょう。

 

また、除毛・脱毛を行った後にも保湿を心がけて下さい。

 

デリケートゾーンはお顔と同じで、保湿をしなければならない場所です。

 

使用する化粧水や保湿剤はお顔に使う物と同様に肌に優しいオーガニック素材の物を選びましょう。

 

アンダーヘアの除毛・脱毛をする方法というのは様々あります。

 

ですが、VIOラインというのは皮膚が薄く外部からの刺激に弱い場所。

 

そのため、カミソリや毛抜きなどを使用する事はオススメ出来ません。

 

使用するのであれば刺激の少ない電気シェーバーが自分でアンダーヘアを除毛・脱毛をする場合にはオススメです。

 

アンダーヘアが下着からはみ出してしまわないような程度の処理であれば、デリケートゾーンにそこまで刺激にはなる事はありませんが脱毛となれば刺激が強いものです。

 

処理をする前後の保湿は、VIOラインに黒ずみや炎症を引き起こさない為には必ず行っておくべきお手入れです。

 

実はデリケートゾーンにも保湿が欠かせないことを知らない方が多く、誤った方法を繰り返してしまってVIOラインに黒ずみが出来てしまっている女性も多く居ます。

 

正しい除毛・脱毛を行って正しいお手入れを行い、黒ずみや炎症などの皮膚トラブルを防ぎましょう。

 

 

アンダーヘア,除毛,脱毛

 

アンダーヘア,除毛,脱毛

関連ページ

アンダーヘアの正しい処理の方法
欧米では常識として行われている「アンダーヘアの処理」。日本でも普及しており、エステサロンで処理を受けたり、中には自分でアンダーヘアの処理をされる方も居ます。 そんなアンダーヘアの処理ですが、どうやってやるのかなんて人には聞きづらいですよね。 意外に知らないアンダーヘアの正しい処理方法についてまとめてみました。
ビキニラインの自己処理方法と注意点
ビキニラインとも呼ばれているVIOラインを自分で処理したい!けど、ビキニラインの自己処理って不安だし、どうやれば良いの? そんな疑問にお答えする為に、ビキニラインの自己処理方法と注意点についてまとめてみました。