デリケートゾーンの年齢にあったお手入れ方法

デリケートゾーンのお悩みは数多くの女性にとって、年齢に関係なく付きまとうもの。

 

しかしながら、年齢に応じてややデリケートゾーンに対して抱える悩みには違いがあるようです。

 

年齢別にデリケートゾーンに対して抱える悩みを挙げてみましょう。

 

年齢別デリケートゾーンの悩み:20代〜30代

この年代の女性は、体が妊娠・出産に向けて準備をしている段階。

 

おりものの分泌量は比較的多く、また月経も毎月訪れる事からデリケートゾーンに対する悩みを抱える女性も必然的に多いと言えます。

 

20代〜30代女性が抱えるデリケートゾーンの悩みとしては、「かゆみ、ムレ、かぶれ」などが挙げられています。

 

年齢別デリケートゾーンの悩み:30代〜40代

この年代の女性は、ホルモンのバランスに変化が生じる時期。

 

ホルモンのバランスに乱れが生じた場合にも、デリケートゾーンに不快感を感じる事があります。

 

30代〜40代女性が抱えるデリケートゾーンの悩みとしては、「生理中の不快感」が代表的ですね。

 

年齢別デリケートゾーンの悩み:50代〜60代

この年代の女性は、閉経をしている方も多いです。

 

閉経をした事によって、若い頃に悩んでいたデリケートゾーンの悩みはだいぶ解消されます。

 

ですが、「原因が分からないけど、時折かゆみを感じる」といった悩みを抱える方も居るようです。

 

年齢別デリケートゾーンの悩みに対する解消法

 

以上をご覧頂けると分かる通り、「デリケートゾーンの悩み」と言ってもそれぞれ抱えている悩みも原因も違います。

 

それぞれ原因に応じた対処方法を行っていく事によって、デリケートゾーンに抱えている悩みを少しでも解消出来ます。

 

まず20代〜30代の女性は、「かゆみ」が代表的な悩みとなりますが、見直していきたいのが「デリケートゾーンのケアの仕方」、「下着の素材」、「生理ナプキンの素材」などになります。

 

月経が毎月訪れる20代〜30代女性、30代〜40代女性は、デリケートゾーンが非常に敏感になる時期があります。

 

そんなデリケートゾーンにとって刺激を与えるのは更に状態を悪化させてしまいかねません。

 

普段身に付ける下着の素材はお肌に優しい綿素材に変えたり、生理ナプキンも布ナプキンを利用したりと工夫が必要です。

 

また、間違ったデリケートゾーンのケアもかゆみを引き起こしてしまいますので気をつけましょう。

 

次に50代〜60代女性は、閉経を迎えた女性が多く若い頃に比べるとデリケートゾーンの悩みは解消されたという方が多いです。

 

しかし、時折原因不明のかゆみに悩まされる方が居ます。

 

これは、皮膚が乾燥してしまっていたり、デリケートゾーンのケアが不十分である可能性があります。

 

この場合には、デリケートゾーンのケア方法を見直して、お風呂上りにはたっぷり保湿をしてあげる事で乾燥によるかゆみ、摩擦刺激によるかゆみを解消する事が出来ます。

 

 

デリケートゾーン,年齢

 

デリケートゾーン,年齢

関連ページ

デリケートゾーンをピンク色にするには?
女性にとってデリケートゾーンがピンク色なのはとっても自信となりますよね。しかし、実際にデリケートゾーンが綺麗なピンク色な女性ってどれ程居るのでしょうか。 そもそも、自分のデリケートゾーンなんて見た事がないという女性も多いと思います。 しかし、パートナーはあなたのデリケートゾーンを見ています。黒ずんでいてもなかなか指摘なんてしづらいでしょうし、見ていてあまり気持ちの良いものではありませんね。 そこで、デリケートゾーンをピンク色にするにはどうしたら良いのでしょうか。
尿漏れ・ちょい漏れのトラブル
20代〜30代女性に多いとされている「尿漏れのトラブル」に悩まされている方は非常に多いのではないでしょうか。 尿漏れトラブルは男性よりも女性の方が圧倒的に多いという特徴があります。男女では体の構造が全く異なり、尿道まで2〜3cmしかない女性に比べると男性は尿道まで20cm程になります。 そこで女性を悩ませる「尿漏れトラブル」は何故起きるのか?原因と解消法についてまとめてみました。