おりものの不快な臭いの原因と対処法

デリケートゾーンの問題は人には相談しづらく、様々な悩みがある中でも日常的に付きまとう問題「おりものの臭い」に関する原因と対処法についてまとめてみました。

 

そもそもおりものは常に臭いの?

ふと気がついたときには、おりものから不快な臭いを感じた場合気になるのが「常にこんなにおりものが臭いのか?」ですよね。

 

おりものはそもそも無臭です。

 

ですが、病気の有無に関わらずおりものから酸っぱい臭いがする事があります。

 

その原因はおりものが分泌されている役割が関係しています。

 

おりものは子宮、膣などから分泌される粘液で、膣内に外部から侵入してくる細菌を侵入させないようにする役割を果たしています。

 

この細菌の侵入を防ぐときにはおりものが酸の状態になっている事から、おりものから酸っぱい臭いがするのです。

 

おりものから不快な臭いを放つ原因

普段は細菌の侵入を防ぐ為に酸っぱい臭いを放つ事のあるおりものですが、それ以外に不快な臭いがする時があります。

 

これは通常細菌の侵入を防いでいるおりものが、ストレスや体調不良により自浄作用が低下してしまって細菌が膣内などに侵入して繁殖してしまっている可能性が高いです。

 

デリケートゾーンは他の部位に比べて、外部からの刺激にとても弱いので下着が汚れたらこまめに交換したり、おりものシートを付けていればこまめに交換するなど清潔な状態にしておく事がおりものの不快な臭いを防ぐ為には欠かせません。

 

また、清潔にしようとするあまりデリケートゾーンを刺激の強い石鹸で洗ったりゴシゴシ力を入れて洗う事は禁物です。

 

膣内は自浄作用で細菌の侵入を防いでいますが、膣内までボディソープなどで洗ってしまうと自浄作用が低下してしまい、善玉菌まで洗い流してしまいますので止めましょう。

 

おりものの不快な臭いに対する対策方法

おりものの臭いは時と場合によっては、病気への感染を教えてくれている可能性がありますがそれ以外の場合にどうすれば臭いを抑えられるのでしょう。

 

まず、おりものから臭いが放つのは細菌が繁殖してしまう事にあるのでデリケートゾーンを清潔な状態にしておかなくてはいけません。

 

・下着が汚れたら交換する

 

・おりものシート、生理ナプキンはこまめに交換する

 

以上は基本です。

 

長時間に渡って汚れたまま放置していると高温多湿になるデリケートゾーンには細菌も繁殖しやすい環境なのでとても危険です。

 

また、こまめに交換して清潔にしていても下着の素材によっては締め付けが強く、通気性が悪い状態では汗をかきやすくこれも細菌が繁殖しやすくなります。

 

・下着は締め付けすぎないものを選ぶ

 

・素材は吸湿性、通気性に優れた綿素材を選ぶ

 

下着にも気をくばる事によって、女性にとって大きな悩みの一つであるおりものの臭いを解消する事ができます。

 

 

おりもの,不快,臭い

 

おりもの,不快,臭い

関連ページ

おりものとは?なかなか聞けない「おりもの」の悩み
おりものは女性の体を守ってくれる大切なものですが、おりもので悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか? 今回はなかなか周りの人には聞きづらい「おりもの」の役割についてまとめてみました。
おりものの量と色で分かる体のサインとは?
女性の体を守る役割を果たす「おりもの」は、日々分泌量が変化したりにおいが変化したりします。正常な変化もありますが、中には感染症にかかっている事を体が知らせてくれている可能性もあるので日頃からチェックしておかなくてはなりません。 おりものの量や色がどう変化すると注意が必要なのか?体のサインを見逃さないためにもおりものの変化についてまとめてみました。
おりものシートの選び方と使い方とは?
女性にとっては便利なアイテムであり、清潔な状態を保つ為に欠かせない「おりものシート」ですが正しい選び方、使い方は出来ていますか? 人には聞きづらいおりものシートの正しい選び方と使い方についてまとめてみました。
おりものによる下着の汚れの対処法
女性の体を守る為には欠かせない「おりもの」ですが、場合によっては下着を汚してしまう厄介な存在でもあります。 そんなおりものによって下着が汚れてしまう場合の対処法についてまとめてみました。
おりものによるかぶれの原因と対処法
女性の膣内を外部の細菌から守ってくれたり、受精をスムーズにしてくれたりと非常に重要な役割を果たしている「おりもの」ですが、分泌量が増加する事でかぶれを起こしてしまい、困っているという女性も居ます。 おりものによるかぶれが起こる原因と対処法についてまとめてみました。