「小陰唇縮小」気になるクリニックでの治療

女性器の一部である「小陰唇」はいわゆる「ヒダ」と呼ばれる部分を指し、大きさには個人差があります。

 

中には左右の大きさが違っていたり、小陰唇が大きすぎると下着との摩擦が他の方に比べてより気になるという特徴がある事から治療を考えられる方も居ます。

 

では、「小陰唇縮小」という施術方法はどのようなものなのでしょうか。

 

小陰唇が大きいと何が起きる?治療の必要性は?

小陰唇は大陰唇の内側にある小さなヒダです。

 

排尿口や膣口を包むようにしてあります。

 

本来大陰唇の方が大きいものですが、中には小陰唇の方が大きい方が居ます。

 

このような事が起きるのは先天性のものであるとされていて、具体的な原因は分かっていません。

 

小陰唇が大きいと生活にどのような支障をきたしてしまうのかと言うと…

 

・排尿をした際の違和感を感じる

 

・下着に擦れやすくなり痛みを感じる

 

・外陰部に痒みを感じる

 

・おりものの量が多くなる

 

などの症状が表れます。

 

小陰唇が大きい事で生活に支障が出てしまうのであれば、クリニックで「小陰唇縮小」の施術を受けた方が良いかもしれませんね。

 

クリニックで行う「小陰唇縮小」の治療方法・治療の流れとは?

小陰唇が大きいと何かと支障が出てしまう事がお分かりいただけたかと思います。

 

心当たりのある方であれば、次に気になるのがどういう流れで小陰唇縮小施術が行われるのかという部分ですよね。

 

実際に行うまでの流れとしては、

 

1.カウンセリング

 

2.メスもしくは高周波メスで切開する

 

3.縫合する

 

という流れとなります。

 

やはり小陰唇は女性器の一部という事で、かなりデリケートな問題です。

 

しかも個人差がありますから、普段どのような悩みが生じるのか?痛みや痒みの有無は?などをしっかりと伝えます。

 

また、カウンセリングの段階で不安に思う事は徹底的に聞いておきましょう。

 

メスを使用する訳ですから、切開をした後の縫合の時に傷跡は残らないのか?術後のケアはどうなのか?気になりますよね。

 

この一番初めに行われるカウンセリングの段階で、じっくりと悩んでいる事、不安に感じる事などを聞いて頂けるクリニックの方が施術を受ける時にも安心かと思います。

 

デリケートゾーンの問題ですから、なかなか周囲にも話せないと思いますし一人で抱え込んでいる方も多いでしょう。

 

気になる方はクリニックでまずはカウンセリングを受け、必要があれば小陰唇縮小の治療を受ける事を視野に入れておくとコンプレックスに感じていた方は気持ちが楽になるかもしれませんね。

 

 

デリケートゾーン,小陰唇縮小,治療

 

デリケートゾーン,小陰唇縮小,治療

関連ページ

膣引き締め治療とは?種類と内容
膣は骨盤底筋が衰えてしまう事で引き締める力がなくなってしまいます。近頃話題となっているのが、「膣引き締め治療」と呼ばれるものです。 その注目されている「膣引き締め治療」の種類と内容についてまとめてみました。
【女性器の黒ずみ】クリニックでの治療方法とは
女性器の黒ずみは誰しもが気になる問題であり、解消したい悩みですよね。なかなか病院に行くのも恥ずかしいという方が多く、自分で何とか解消しようとケアをされている方も多いのではないでしょうか。
「膣縮小」でコンプレックスとおさらば!治療法とは?
パートナーにから「何かキミとエッチしても気持ちよさを感じないんだ…」なんて言われた事はありませんか?体質はそれぞれ個人差があるとは言え、コンプレックスになる膣の締まりの悪さを「膣縮小」という治療で解消しませんか?
陰部の黒ずみはレーザー治療で消せる?
女性にとってコンプレックスにもなってしまう陰部の黒ずみですが、レーザー治療によって黒ずみを解消出来る事をご存知ですか? 自宅でケアをしていてもなかなか望む効果が得られない…とお悩みの方に陰部に行うレーザー治療とはどういうものなのか?その効果などをお伝えしたいと思います。