「膣縮小」でコンプレックスとおさらば!治療法とは?

パートナーにから「何かキミとエッチしても気持ちよさを感じないんだ…」なんて言われた事はありませんか?

 

体質はそれぞれ個人差があるとは言え、コンプレックスになる膣の締まりの悪さを「膣縮小」という治療で解消しませんか?

 

膣縮小の治療法、クリニックの選び方

膣縮小手術を行う事で、広がりきってしまった膣の筋肉を奥まで修復出来ます。

 

この膣縮小手術で重要なのは、粘膜部分だけではなくきちんと筋肉部分まで縫合をしてくれること。

 

粘膜の部分だけを縫合しても、膣の筋肉はまた元に戻ってしまいます。

 

筋肉をきちんと縫合すれば、膣縮小手術の効果は半永久的となります。

 

膣縮小手術に限らず、デリケートゾーンに行う施術を受ける場合にはまず初めに行うカウンセリングをしっかり行ってくれてなおかつ女性器専門のクリニックで施術を受ける事をオススメします。

 

女性器周辺は他の部位より皮膚が薄く、粘膜の部分も多いのでかなり高度な技術が求められます。

 

女性器を専門に行っているクリニックであれば、技術も高く安心出来ますね。

 

膣縮小ってどんな施術をするの?

膣縮小の手術を行う前にカウンセリングを行い、膣の状態やどれくらい膣を引き締めたいかという部分を見ながら行います。

 

膣の入り口付近だけで済むか、膣の奥まで縮小手術をしなければならないかは状態により異なります。

 

施術方法としては会陰部を切除したり、粘膜を除去したり、膣粘膜などを剥離して縫合するというものになります。

 

手術費用としては40万円〜60万円程になります。

 

手術に要する時間としては、どれくらい縮小させるかの範囲によって異なりますが1〜3時間程になります。

 

麻酔も行いますが、麻酔には2種類あり「局部麻酔」か「静脈麻酔」のいずれかを選択出来るクリニックが多いようです。

 

局部麻酔は名前の通り、施術を行う部分のみに麻酔を行う為施術を行っている間も意識はあります。

 

静脈麻酔は眠ってしまうので、寝ている間に手術が終わります。

 

手術はいずれも日帰りで行われ、シャワーも当日から浴びる事が出来ます。

 

しかし、数日は出血があるのでナプキンを使用しなくてはいけません。

 

膣縮小の治療を行った後の過ごし方

 

日帰りとは言え、手術を行った訳ですから手術後約1ヶ月は激しい運動は控えましょう。

 

性行為も薬事法1ヶ月半〜2ヶ月程出来ませんので注意しましょう。

 

筋肉を縫合して行う膣縮小治療は傷跡もほとんど残りませんし、効果も半永久的に続くので見ただけでは手術をした事も分からない状態になります。

 

膣に感じてコンプレックスを感じる方は膣縮小治療がオススメですよ。

 

 

デリケートゾーン,膣縮小,治療

 

デリケートゾーン,膣縮小,治療

関連ページ

膣引き締め治療とは?種類と内容
膣は骨盤底筋が衰えてしまう事で引き締める力がなくなってしまいます。近頃話題となっているのが、「膣引き締め治療」と呼ばれるものです。 その注目されている「膣引き締め治療」の種類と内容についてまとめてみました。
【女性器の黒ずみ】クリニックでの治療方法とは
女性器の黒ずみは誰しもが気になる問題であり、解消したい悩みですよね。なかなか病院に行くのも恥ずかしいという方が多く、自分で何とか解消しようとケアをされている方も多いのではないでしょうか。
「小陰唇縮小」気になるクリニックでの治療
女性器の一部である「小陰唇」はいわゆる「ヒダ」と呼ばれる部分を指し、大きさには個人差があります。中には左右の大きさが違っていたり、小陰唇が大きすぎると下着との摩擦が他の方に比べてより気になるという特徴がある事から治療を考えられる方も居ます。 では、「小陰唇縮小」という施術方法はどのようなものなのでしょうか。
陰部の黒ずみはレーザー治療で消せる?
女性にとってコンプレックスにもなってしまう陰部の黒ずみですが、レーザー治療によって黒ずみを解消出来る事をご存知ですか? 自宅でケアをしていてもなかなか望む効果が得られない…とお悩みの方に陰部に行うレーザー治療とはどういうものなのか?その効果などをお伝えしたいと思います。