デリケートゾーンのトラブルは夏に多い理由

デリケートゾーンはかゆみやムレ、かぶれなどの皮膚トラブルが付き物ですが、そんなトラブルが夏になると増えてきます。

 

その原因とは一体何なのでしょうか。

 

デリケートゾーンのトラブルが夏に増える理由

デリケートゾーンには他の場所同様に汗腺があります。

 

そして、汗腺の働きも活発です。

 

アポクリン汗腺から分泌される汗には、皮脂や尿、垢、おりものなどの様々な分泌物が混ざっています。

 

アポクリン汗腺から分泌される汗は細菌のエサとなります。

 

汗そのものには実はにおいがなく、においを生み出している原因というのは細菌です。

 

つまり、アポクリン汗腺から分泌される汗をエサにして細菌が繁殖してしまう事によりかゆみやかぶれ、炎症などの皮膚トラブルを引き起こしてしまうんです。

 

それが夏になると、他の季節でも高温多湿になりやすく細菌の繁殖が盛んになるデリケートゾーンの湿度を更に高めてしまいます。

 

湿度が高くなるとデリケートゾーンにムレが発生します。

 

湿度が高い空間では更に細菌の繁殖が盛んになりやすく、においやかゆみなどの皮膚トラブルを引き起こしてしまいやすくなるという訳です。

 

デリケートゾーンのトラブルが夏に増える理由は衣類にもあった

夏になると増えるデリケートゾーンの皮膚トラブルの原因は、実は着用している衣類にもあります。

 

夏場は体のラインが出やすい衣類を着用する事が多く、肌に密着しやすい衣類も多く締め付けが強いものは下着の擦れ、ムレによって皮膚トラブルが起きるもの。

 

更に夏場に限っては熱が下着の中にこもりやすい事もあり、デリケートゾーンにトラブルが起きやすいのです。

 

夏場に着用する衣類としては、通気性の良いスカートやガウチョパンツなどがオススメです。

 

デリケートゾーンのトラブルは洗い方にも原因があった

これは夏場に限らず言える事ですが、デリケートゾーンの洗い方には気を付けておかないと傷を付けてしまってそこから細菌が侵入してにおいを生み出してしまったりします。

 

実は日頃からデリケートゾーンの洗い方を間違えたまま繰り返してしまっている方も多く、夏になって細菌の活動が活発化した時ににおいが発生するなどのトラブルが起きてしまいます。

 

デリケートゾーンを洗う時には、ボディーソープを直接付けずに、あらかじめ泡立てた泡で指の腹を使って優しく洗いましょう

 

また、ゴシゴシと洗ったり丁寧に洗おうとするあまり洗いすぎると反対にデリケートゾーンを乾燥させしまいますから、デリケートゾーンのトラブルを防ぐ為にも日頃から気をつける必要がありますね。

 

 

デリケートゾーン,トラブル,夏

 

デリケートゾーン,トラブル,夏

関連ページ

敏感肌のデリケートゾーンのケア方法
デリケートゾーンに起きる皮膚トラブルは女性にとって、一種の悩みの種になりますが、かゆみやかぶれなどは特に元々敏感肌体質の方がなりやすい傾向にあります。敏感肌なら日頃から体にかゆみが起きたり、炎症を引き起こしやすかったりと様々な悩みを抱えてしまいがち。それがデリケートゾーンの皮膚トラブルにも関係しているんです。そこで敏感肌の方がデリケートゾーンをケアする際に注意しておきたい事と、ケア方法についてまとめてみました。
陰部が乾燥してカサカサ皮めくれの原因と解消法
陰部は乾燥(カサカサ)による刺激を感じやすい部位だという事はご存知ですか?実は角質層はお顔よりも薄いと言われる陰部は、下着による摩擦や締め付けにすら弱いのです。刺激を与え続けられると皮膚が乾燥してしまって、陰部に様々な皮膚トラブルを引き起こしてしまうんです。
デリケートゾーンにも保湿は重要
デリケートゾーンのケアに対する意識が日本人女性の間でも高まってきていますが、あなたはデリケートゾーンに「保湿ケア」していますか?デリケートゾーンはどちらかと言うと乾燥とは無縁のイメージが強いですよね。下着の中は蒸れやすく、汗もたくさんかきますから。ですが、デリケートゾーンにこそ保湿ケアを行う必要があるんですよ。その理由とデリケートゾーンへの保湿ケアの方法についてまとめてみました。
陰部に刺激の少ない下着選び
可愛い下着を身に付けたい気持ち…女性なら誰しもが思う気持ちですが、実は可愛い下着を選ぼうとするあまり、陰部に摩擦の刺激を与えているかもしれません。陰部に刺激となる下着を身に付け続ける事は、ビキニラインに黒ずみを作り出す原因となってしまいます。そこで、陰部にとってなるべく刺激が少ない下着の選び方をお教えします。
デリケートゾーンにも化粧水っ必要?
実はデリケートゾーンは、人間の体の中でもとても角質層が薄くて乾燥しやすい場所。でも、お顔と同じように化粧水を使わなければいけないのでしょうか?欧米では当たり前に行われているデリケートゾーンのケアですが、日本人女性の間でもどんどん意識が高まってきています。