陰部が乾燥してカサカサ皮めくれの原因と解消法

陰部は乾燥(カサカサ)による刺激を感じやすい部位です。

 

実は角質層はお顔よりも薄いと言われる陰部は、下着による摩擦や締め付けにすら弱いのです。

 

刺激を与え続けられると皮膚が乾燥してしまって、陰部に様々な皮膚トラブルを引き起こしてしまうんです。

 

陰部が乾燥して皮がめくれる原因は?

陰部,乾燥,カサカサ

陰部のかゆみというのは様々な原因により起こります。

 

下着のによる締め付け、摩擦、ナプキンによる擦れなどがあります。

 

中には陰部に繰り返してダメージが与えられている事に気が付かないまま放置して、乾燥によるかゆみにまで悩まされてしまう事もあります。

 

乾燥が悪化すると皮がめくれるなどの症状まで発生します。

 

特に原因という原因がないまま、陰部に痒みが発生する「陰部掻痒症」と呼ばれる病気もあります。

 

陰部は他の場所に比べて日頃から下着に覆われている場所で、締め付けも陰部にはダメージとなります。

 

また、陰部は一見常に湿度が高い場所だと考えられがちですが、下着やナプキン、トイレットペーパーなどによる刺激に弱く、乾燥しやすくなっています。

 

乾燥は外部から与えられるダメージを防ぐ為に肌が持ち合わせているバリア機能を低下させてしまいます。

 

乾燥する事でかゆみを発生させ、掻いてしまって皮がめくれる場合もあります。

 

原因がはっきりしないのに陰部に強い痒みが出る場合には、「陰部掻痒症」である可能性が高いですね。

 

陰部の乾燥はどうやってケアするべき?

陰部,乾燥,カサカサ

陰部の乾燥はかゆみやにおいなどの原因にもなる不快なものですが、中には乾燥が病気にかかっているというサインである可能性もあります。

 

皮がめくれる程の乾燥は、「陰部掻痒症」である可能性があり、この陰部掻痒症は皮膚の細胞を掻き壊してしまいかねませんので、かゆみが強く表れる場合早めに病院の受診をお勧めします。

 

また、病気ではなくても陰部が乾燥して皮がめくれる場合もあります。

 

皮がめくれる程の乾燥はかなり酷いことが考えられますから、陰部に対する保湿ケアをする必要があります。

 

今では日本人女性も陰部のケアに対する在り方を意識している方が増えてきていますから、陰部に使用する保湿ケア用品も取り扱われている種類が増加傾向にあります。

 

陰部は汗をかきやすく、ムレやすいというイメージばかりで乾燥なんてしないだろうと考えている方はまだ非常に多いです。

 

ただ丁寧に洗うだけでは、下着やナプキン、トイレットペーパーなどによる刺激であっという間に乾燥をしてしまいます。

 

お顔よりも角質層が薄いのがデリケートゾーンですから、陰部にも保湿ケアをして乾燥から守ってあげましょう。

 

きちんと保湿ケアを続ければ、乾燥による皮めくれも改善されますよ。

 

そもそも皮がめくれる程、陰部が痒いということは、掻くのがクセになってしまい、周りに人がいる時にソワソワモゾモゾしてしまい、大変ストレスになります。

 

彼氏や旦那の前でボリボリ掻くわけにもいきませんし、性交渉のときにカサカサはバレますので、軟膏を塗ったほうが早いですが、軟膏の効果は一時的で、しかも敏感肌の方には副作用で余計に痒くなったりする場合もあります。

 

ですので、陰部のカサカサは普段からのケアが必要です。

 

陰部のカサカサで悩んだ私だからこそ、おすすめ出来るものが黒ずみ専用美白エッセンス『VLホワイト』です。是非、ご参考になさって下さいね。

 

 

陰部,乾燥,カサカサ

 

陰部,乾燥,カサカサ

関連ページ

敏感肌のデリケートゾーンのケア方法
デリケートゾーンに起きる皮膚トラブルは女性にとって、一種の悩みの種になりますが、かゆみやかぶれなどは特に元々敏感肌体質の方がなりやすい傾向にあります。敏感肌なら日頃から体にかゆみが起きたり、炎症を引き起こしやすかったりと様々な悩みを抱えてしまいがち。それがデリケートゾーンの皮膚トラブルにも関係しているんです。そこで敏感肌の方がデリケートゾーンをケアする際に注意しておきたい事と、ケア方法についてまとめてみました。
デリケートゾーンにも保湿は重要
デリケートゾーンのケアに対する意識が日本人女性の間でも高まってきていますが、あなたはデリケートゾーンに「保湿ケア」していますか?デリケートゾーンはどちらかと言うと乾燥とは無縁のイメージが強いですよね。下着の中は蒸れやすく、汗もたくさんかきますから。ですが、デリケートゾーンにこそ保湿ケアを行う必要があるんですよ。その理由とデリケートゾーンへの保湿ケアの方法についてまとめてみました。
デリケートゾーンのトラブルは夏に多い理由
デリケートゾーンはかゆみやムレ、かぶれなどの皮膚トラブルが付き物ですが、そんなトラブルが夏になると増えてきます。その原因とは一体何なのでしょうか。デリケートゾーンには他の場所同様に汗腺があります。そして、汗腺の働きも活発です。アポクリン汗腺から分泌される汗には、皮脂や尿、垢、おりものなどの様々な分泌物が混ざっています。
陰部に刺激の少ない下着選び
可愛い下着を身に付けたい気持ち…女性なら誰しもが思う気持ちですが、実は可愛い下着を選ぼうとするあまり、陰部に摩擦の刺激を与えているかもしれません。陰部に刺激となる下着を身に付け続ける事は、ビキニラインに黒ずみを作り出す原因となってしまいます。そこで、陰部にとってなるべく刺激が少ない下着の選び方をお教えします。
デリケートゾーンにも化粧水っ必要?
実はデリケートゾーンは、人間の体の中でもとても角質層が薄くて乾燥しやすい場所。でも、お顔と同じように化粧水を使わなければいけないのでしょうか?欧米では当たり前に行われているデリケートゾーンのケアですが、日本人女性の間でもどんどん意識が高まってきています。