ビキニラインに黒ずみが出来てしまう原因と解消法を教えます

ビキニを着たいけど、自分のビキニラインは黒ずみがあって恥ずかしい…。

 

そんな悩みはありませんか?

 

ビキニラインが黒ずむのには原因があり、もちろん原因に対する解消法も存在します。

 

では、ビキニラインが黒ずんでしまうのは何故なのか?

 

どうやったら解消する事ができるのかについてまとめてみました。

 

ビキニラインに黒ずみが出来る原因

まず、黒ずみには2種類あり、毛穴の汚れが溜まってしまって酸化してしまい黒ずむタイプとメラニン色素が働いて引き起こされるタイプがあります。

 

この内ビキニラインに黒ずみを引き起こしている原因は、「メラニン色素によるもの」になります。

 

メラニン色素は外部から与えられる様々な刺激(衣類による摩擦、紫外線など)からお肌を守る為の物質です。

 

メラニン色素が働くので紫外線をたくさん浴びると反応して日焼けをします。

 

これと同じく下着による擦れや圧迫などによって刺激が加えられるとビキニラインにも黒ずみが引き起こされてしまうんです。

 

ビキニラインというのは他の部位と比べて、下着による擦れや圧迫を受けやすい部分なので黒ずみも出来やすくなっています。

 

ビキニラインに出来る黒ずみはどうやったら解消出来る?

ビキニラインは普段見せたりする部分ではありませんが、水着を着る時に見られたらどうしよう…と不安を感じながら着るのは嫌ですよね。

 

自信を持ってビキニを着こなす為にどうしたらビキニラインの黒ずみを解消出来るのでしょうか。

 

まず、黒ずみを引き起こしている原因は2種類あるとお伝えしました。これらは原因によって対処法が異なります。

 

皮脂や汚れが詰まり、酸化する事によって引き起こされる黒ずみに関しては「清潔に保つこと」が解消への近道となります。

 

ビキニラインは他の部位よりも高温多湿になりやすく汗をかきやすい場所。

 

下着や衣類に覆われているので汗をかく事にあまり気付かれない方も居ますが、皮脂の分泌量も多いです。

 

皮脂の分泌量が多くなれば毛穴に詰まりやすくなり、吹き出物を作り出します。

 

吹き出物が圧迫や摩擦により潰れると黒ずみも出来てしまいます。

 

その悪循環を断つ為に、洗う時は擦りすぎず丁寧に洗うようにしましょう。

 

汗をかいた時にはこまめに下着を取り替えるのも黒ずみを解消する為には良いですね。

 

次にメラニン色素が引き起こす黒ずみは、摩擦や圧迫によるものになります。

 

つまり、長時間座る時にはクッションを使って摩擦や圧迫をなるべく軽減してあげたり、下着は締め付け過ぎない自分に合った物を着る事がビキニラインの黒ずみを解消する方法となります。

 

また、女性の場合生理中にはナプキンによる擦れもメラニン色素が働く元となります。

 

それに加えて高温多湿になり、雑菌が繁殖しやすくなりますからこまめにナプキンを取り替えて、刺激を加え過ぎないように注意しましょう。

 

 

デリケートゾーン,ビキニライン,黒ずみ

 

デリケートゾーン,ビキニライン,黒ずみ

ページの先頭へ戻る