下着の摩擦よって引き起こされる肌トラブルに対する対処法とは?

下着の摩擦よって引き起こされる肌トラブルに対する対処法とは?

下着によって引き起こされる様々な肌トラブル。

 

そんな中でもかゆみは辛いもの。

 

場所を問わず繰り返し起こるかゆみを出来るならすぐに治したいですよね。

 

下着による摩擦で引き起こされる肌トラブルを「接触性皮膚炎」と言います。

 

その名の通り、下着と皮膚が擦れることで引き起こされる皮膚炎の事を指します。

 

ただ肌に擦れてしまうだけでも、デリケートゾーンは他の場所と比べても皮膚が薄い場所で粘膜も多い場所。

 

ダメージに弱いため、下着の締め付けが強すぎたり生理用ナプキンが擦れたり、下着の素材が肌に合わなかったりと様々な要因でデリケートゾーンの肌トラブルが起きてしまいます。

 

また、下着の素材以外にもブラジャーならワイヤーやホックなどが原因となる場合もあります。

 

下着の摩擦による肌トラブルの症状

下着の摩擦よって引き起こされる肌トラブルに対する対処法とは?

下着による摩擦が引き起こす肌トラブルは具体的にどのような症状が現れるのでしょうか。

 

まず、主なものが「かゆみ」です。

 

下着に覆われていて体温によって気温が上がり蒸れやすい場所が、下着の擦れによってかゆみを引き起こしやすくなるのです。

 

上半身であればブラジャーのワイヤーやホックが肌に触れる場所には、汗が溜まりやすくなりますのでかゆみを引き起こしやすくなります。

 

下半身の場合には、皮膚が薄く粘膜も多い為下着による擦れは刺激となります。

 

自分の体に比べて小さめサイズの下着を着用していると、締め付けによってゴムの部分などにかゆみを感じます。

 

かゆみが悪化するとついつい掻きむしってしまって、赤みを帯びた発疹が現れたりヒリヒリした感覚を感じます。

 

下着による摩擦が引き起こす肌トラブルを解消する方法

下着の摩擦よって引き起こされる肌トラブルに対する対処法とは?

日頃から締め付けの強い下着を着用しているのであれば、下着の締め付けによって肌トラブルを起こしている可能性が高いので必ず自分の体に合った下着を着用するようにしましょう。

 

下着の素材が引き起こしている可能性があるなら、通気性が良く吸湿性に優れている綿素材の下着に変えてみましょう。

 

基本的に下着による摩擦で引き起こされる肌トラブルを治す方法としては、かゆみ、皮膚の赤みを抑える為の薬用クリームを使用するのが最善策です。

 

下着による摩擦で引き起こされる肌トラブルというのは、辛く長引きやすいもの。

 

日頃から下着に気を使わなくてはいけませんし、薬も多少良くなったからと言って勝手に止めるのも良くありません。

 

かゆみに耐えられずにかいてしまった事で、皮膚に傷が付くとそこから細菌が侵入してしまって更に肌トラブルが悪化してしまう可能性もあるので、その内治るだろうと放置せずにかゆみを感じた場合は早めの対処を心がけましょう。

 

 

デリケートゾーン,下着の摩擦,肌トラブル

 

デリケートゾーン,下着の摩擦,肌トラブル

ページの先頭へ戻る