お尻の黒ずみが出来る原因と対処法とは?

自分にはお尻に黒ずみなんてないと言い切れますか?

 

普段は他の人に見られる事の少ないお尻。

 

お顔は常に見られる部分だからしっかりとお手入れをされている方は多いでしょう。

 

ですが、お尻は見せる事がないからと言ってケアを怠っていませんか?

 

これから夏本番になると、水着を着る機会もあり見られないとは限りませんよね。

 

実はお尻は下着や衣類に覆われている事からちょっとした下着や衣類の擦れから黒ずんだり、ニキビが出来てしまったりしやすい場所なんです。

 

そこで、お尻に黒ずみが出来てしまう原因とその対処法についてまとめてみました。

 

お尻に黒ずみが出来る原因

「お尻は普段見られない場所だから、ケアはたまにで良いかな〜」なんて思っていませんか?

 

実はお尻は下着や衣類に覆われていて汗をかきやすく、蒸れやすい場所。

 

汗をたくさんかくと皮脂の分泌量も増え、また細菌が繁殖するには最適な環境なのでニキビも簡単に出来ちゃうんです。

 

ニキビはこまめに下着を交換したり、清潔な状態を維持する事を心がければ治す事はそんなに難しい事ではありません。

 

では、黒ずみの原因はというと実はこれもニキビ同様毛穴に汚れが詰まってしまう事にあります。

 

ニキビは毛穴に汚れが詰まる事で起きる事ですが、黒ずみも毛穴に細菌や皮脂が詰まってしまって酸化してしまう事で起こります。

 

この汚れは長期間にかけて蓄積された汚れや細菌が原因になっている場合、自宅のケアだけでは落としきれない可能性があります。

 

お尻はデリケートな部分ですし、自分で見ながら洗うのはなかなか難しい場所です。

 

なので、黒ずみが丁寧に洗っても治らない場合にはエステなどでケアを施してもらう方が良いですね。

 

お尻に出来る黒ずみにはどう対処すれば良いのか?

お尻は汚れや皮脂が溜まりやすく、また高温多湿な環境になる事から黒ずみ以外にも様々なトラブルを引き起こしやすい場所。

 

なので、普段は見られないからケアはしなくても…なんて考えていたら、いざ水着を着る時、もしかしたらあなたのお尻見られているかもしれませんよ。

 

恥ずかしい思いをしない為にも、またエステに行かなくてはいけない程汚れや皮脂が蓄積されてからではケアをするにも時間が掛かります。

 

そんな厄介なお尻の黒ずみに対する対処としては、日頃から洗うときにはゴシゴシ擦らないであらかじめ泡立てた泡で丁寧に洗うこと。

 

また、下着の締め付けもお尻に良くありませんから自分の体のサイズに合った下着を身につけるようにしましょう。

 

そして、体を洗った後には保湿ケアをしてあげる事も大切になります。

 

お尻は高温多湿になりやすいと述べましたが、実は下着による擦れなどで乾燥もしやすいのです。

 

乾燥はお肌のバリア機能を低下させてしまい、黒ずみが出来やすくなりますので保湿をしてあげてなるべく日頃からケアを継続するように心がけましょう。

 

 

デリケートゾーン,お尻,黒ずみ

 

デリケートゾーン,お尻,黒ずみ

ページの先頭へ戻る