お尻に出来る吹き出物には原因があった原因を知れば自宅でも解消出来るんです

一見見えない部位ですが、出来てしまうと気になる「お尻の吹き出物」。

 

夏を迎えれば水着を着る機会もありますし、彼に汚いお尻を見られたくありませんよね。

 

また、お尻に出来てしまった吹き出物というのは顔に出来る吹き出物とは異なり硬くなってしこりになりやすく、跡も残りやすいのが難点です。

 

ですが、お尻の問題はデリケートな部分である為なかなか病院にも行きづらいでしょう。

 

そこで何故お尻には吹き出物が出来てしまうのか、その原因と自宅でも出来る解消法をまとめてみました。

 

お尻に出来る吹き出物の原因:体重を支える事による圧迫、摩擦

基本的に吹き出物が出来るメカニズムは、顔に出来る吹き出物と同様で皮脂が毛穴に詰まる事にあります。

 

ですが、顔に出来る吹き出物はしこりになんてならないのにどうしてお尻の吹き出物はしこりになりやすいのか?

 

原因は「体重による圧迫、摩擦」にあります。

 

お尻は座っている時全身の体重を一点で支える事になります。

 

その為、分泌された皮脂が毛穴に詰まり圧迫・摩擦によって「角質化」してしまうんです。

 

また、お尻は常に下着とズボンに覆われていて湿度が高くなりやすく体温により温められる事から雑菌が繁殖するには最高の条件となります。

 

女性であれば生理の最中はナプキンを付けていて尚更蒸れやすくなります。

 

座っている状態が長時間に渡って続く方は特にこのお尻の吹き出物には注意が必要と言えますね。

 

お尻に出来る吹き出物の原因:衣類の締め付けによる血行不良

自身の体のサイズに合わないキツめの衣類の着用やベルトの締め付けなどはお尻に吹き出物を作り出してしまう原因となります。

 

締め付けが強い状態が続く事でお尻に血流が行き届かなくなってしまい、体に蓄積されている老廃物を排出出来なくなってしまいます。

 

すると、脳から信号が送られ肌から老廃物を排出します。

 

老廃物が体に蓄積されていると脳は早く排出をしようとする為、お尻の吹き出物として発生させてしまうのです。

 

お尻に出来る吹き出物を解消する方法

お仕事で長時間座る事が多い方なら座らないようにするのは難しいと思いますから、対処法としてはお尻に強い圧迫と摩擦を与えない必要があります。

 

座る時にはクッションを使う事、また時折体を動かして血行不良を防ぐ事もお尻に吹き出物を作らない為には大切です。

 

また、もう一つの原因に締め付けがありますが衣類はゆったりとしたデザインの物を選ぶようにして下着に関してもムレ、雑菌の繁殖を防ぐ為に通気性の良い物を選ぶようにしましょう。

 

以上がお尻に出来てしまう吹き出物に対する解消法になります。

 

吹き出物は蒸れ、締め付け、圧迫・摩擦によって起こります。

 

病院に行かなくてもちょっとした行動を見直すだけで解消出来てしまうので、お悩みの方は少し意識するだけでもかなり改善出来ますよ。

 

 

デリケートゾーン,お尻,吹き出物

 

デリケートゾーン,お尻,吹き出物

ページの先頭へ戻る