デリケートゾーンのにおいを発生させない予防法とは。

女性なら大好きな彼にデリケートゾーンが臭い…なんて思われたくないですよね?

 

実は自分で分からないまま、デリケートゾーンの臭いが臭いと思われているかも。

 

そんなデリケートゾーンの臭いを予防出来る方法と臭いが強くなる時期についてまとめてみました。

 

デリケートゾーンの臭いが強くなるタイミング

体臭に関しては自身で気がつく方も多いですが、デリケートゾーンというのは下着を脱いだ時などでなければ発生しないので気がつくまでに時間が掛かる場合が多いのです。

 

なので、自分でも知らない間に臭いが強くなってしまっていて気がついた時には強烈な臭いになっていてどうしたら良いか分からない…なんて状態になる事もあります。

 

デリケートゾーンの臭いというのは、排卵が起こる前後に強くなる傾向があります。

 

原因としては、おりものの量が増加する為です。

 

また、生理中も臭いが強くなる傾向があります。

 

これは経血が分泌されて高温多湿な環境になりやすく、細菌が繁殖する量が増加する為に臭いが強くなります。

 

デリケートゾーンの臭いを予防するには。

デリケートゾーンの臭いが強くなりやすい排卵期の前後、生理中を除いても臭いが気になるのは考えもの。

 

まず、デリケートゾーンの臭いが発生してしまう原因としてはおりものが細菌と混ざり合ってしまう事や、汗や尿、皮脂などの分泌物が細菌と混ざる事にあります。

 

つまり、細菌がデリケートゾーンの臭いの元となる訳です。

 

デリケートゾーンの臭いを予防する為には、細菌の繁殖を防ぐ必要があります。

 

デリケートゾーンというのは他の部位と比べて下着に常に覆われている事から湿度が高く体温によって温められるので、細菌がとても繁殖しやすい環境にあります。

 

また、汗や皮脂、尿などの分泌物を「恥垢(ちあか)」というのですが、この恥垢は普段丁寧に洗っているつもりでも取りきれていない場合が多いもの。

 

付着したまま取りきれていない恥垢は時間が経つと酸化してしまい、これがデリケートゾーンの嫌な臭いを生み出してしまいます。

 

おりものの量が増加しやすい排卵期前後には、おりものシートを使用して下着へ直接付着する事を防ぎ、こまめに取り替えて細菌の繁殖を抑えましょう。

 

そして、汗をかきやすくなる時期や生理中はなるべくムレを防ぐ為にもストッキング、タイツ、ガードルなどは履かないようにしましょう。

 

ムレも細菌の繁殖を助長させてしまう原因なので、ムレを抑える事はデリケートゾーンの臭いを抑える事にも繋がります。

 

デリケートゾーンの臭いというのは、実際気が付いてからではなかなか対処法が分からず焦ってしまうもの。

 

日頃からデリケートゾーンのケアには気をくばるようにしましょうね。

 

 

デリケートゾーン,におい,予防法

 

デリケートゾーン,におい,予防法

ページの先頭へ戻る