デリケートゾーンのかゆみとムレの原因と対処法

女性には非常に悩みの種となる「デリケートゾーンのかゆみやムレ」。

 

仕事中にいきなりくるかゆみ、外出先でいきなりかゆくなっても対処するのは難しいですよね。

 

そんなツラいかゆみを引き起こしてしまう原因とは一体何なのでしょうか。

 

デリケートゾーンにかゆみやムレが起きる原因

デリケートゾーンは他の部位に比べて皮膚が非常に薄くなっています。

 

また、粘膜の部分が多い為、他の場所ではさほど気にならないような下着の擦れが刺激となってしまうんです。

 

角質層が薄いと下着のわずかな擦れ、生理時の経血によるムレ、ナプキンの擦れなどの肌ストレスが不快感を生み出してしまいやすくなります。

 

まず、デリケートゾーンのかゆみはムレから併発している場合が多い為、かゆみを取り除く為にはムレも取り除きたいところですね。

 

・下着による締め付け

 

・デリケートゾーンのムレ

 

・ナプキンによる擦れ

 

以上のような事がかゆみやムレを引き起こす原因となります。

 

デリケートゾーンは常に下着で覆われていて、高温多湿になりやすい場所です。

 

また、皮脂や汗、尿などの「恥垢(ちあか)」が溜まりやすい事から、細菌の増殖には最高の場所になっています。

 

その為、かゆみを引き起こしてしまう悪玉菌も繁殖しやすいのです。

 

また、生理時のナプキンも肌に合わない素材だとかゆみが起きやすくなり、ムレからかゆみが起きる場合もあります。

 

デリケートゾーンのかゆみやムレに対する対処法

デリケートゾーンのかゆみはムレと同時に起きる場合が多く、ムレが解消されれば同時にかゆみも解消される場合があります。

 

下着による締め付けからムレやすいので、かゆみが出るようなら締め付け過ぎない下着を選ぶようにして通気性、吸湿性に優れた綿素材の下着を身に付けるようにして下さい。

 

特に生理時は経血によって、湿度がいつもよりも増しているのでナプキンはこまめに取り替えるようにして、ストッキングやタイツなど体温がこもりやすくなる物は身に付けないようにしましょう。

 

また、生理の度にかゆみやムレによる不快感を感じる場合にはもしかするとナプキンの素材に原因があるかもしれません。

 

ナプキンにも様々な種類があり、吸湿性に優れ、ムレを軽減するナプキンも増えています。

 

もし、生理の度に不快感を感じるのであればナプキンの種類を変える事によってかゆみやムレが軽減される可能性があります。

 

生理時の不快感が女性にとっては閉経までつきまとうものですから、ナプキンはまめに交換して清潔な状態を保ちましょう。

 

ムレとかゆみは普段の何気ない行動を見直せば解消されるものですから、思い悩まずにまずは心当たりがある事から改善してみて下さいね。

 

 

デリケートゾーン,かゆみ,ムレ

 

デリケートゾーン,かゆみ,ムレ

ページの先頭へ戻る