陰部のおりものの量とにおいについて

陰部から分泌されるおりものには、量が増えたりにおいがキツくなる場所があります。

 

そのようなおりものの変化は時に病気への感染を教えてくれている可能性もあります。

 

陰部から分泌されるおりものとは?

 

まず、おりものというのは月経期間中、性交中以外に分泌されていて膣内や子宮などからの分泌物が混ざりあったものです。

 

粘液や汗腺からの物質も含まれています。

 

何故陰部からおりものが出るのか?

 

膣内は外部から細菌や感染菌の侵入を防ぐ為に自身で弱酸性の環境を保っています。

 

排卵期には精子がスムーズに辿り着けるように、弱酸性の環境がやや弱まる傾向にあり、排卵期にはおりものの分泌量が増えます。

 

外部から細菌や感染菌が侵入した場合に、菌を体外に排出する作用をした際におりものとして体外に排出されるようになっています。

 

陰部から分泌されたおりものが病気の可能性を教えている場合も!

おりものは体を細菌や感染菌の恐怖から守ってくれている重要な役割を果たします。

 

中にはおりものの異常によって、感染症に感染している可能性を教えてくれている場合もあります。

 

一般的によく知られているのが、白っぽくチーズのようにボロボロとしたおりものが分泌される場合は「膣カンジダ炎」です。

 

膣カンジダ炎は性交渉の経験がない方にも発症する感染症で、おりものの量が増加する、チーズ状のおりものが出るといった特徴があります。

 

免疫力が低下している時期に感染しやすく、妊婦の方がよく感染しやすいと言われています。

 

黄色っぽく水のようなおりものが分泌される場合には、「クラミジア感染症」の可能性があります。

 

クラミジア感染症に感染した場合には、他にも性交痛やかゆみを伴いやすいのが特徴です。

 

おりものに血液や膿が混ざる場合には、「子宮内膜炎」の可能性があります。

 

茶褐色のおりものから始まり、段々血液が混ざるようになるのは「子宮頸がん」の可能性があります。

 

以上のようにただ単におりものの量が増えたり、においが強くなっただけでも色々な感染症に対する感染を教えてくれます。

 

 

感染症は先ほど挙げたカンジダ膣炎のように、性交渉をしていない方であっても感染します。

 

「自分は大丈夫」「ただ量が増えただけ」とは考えず、おりものに対する変化は見落とさないように日頃からチェックするようにしましょう。

 

感染症に感染している場合、必ずきちんと病院での検査を受ければ病名や症状、状態などがはっきりと分かりますので「何かいつもと違うような…」と感じた場合はすぐ病院を受診しましょう。

 

 

デリケートゾーン,陰部,おりもの

 

デリケートゾーン,陰部,おりもの

ページの先頭へ戻る