外陰部の痛みの原因と対処法

陰部や外陰部に痛みが入る…でも、デリケートゾーンの悩みって誰にも話せないし…。

 

陰部や外陰部の痛み、そのままにしておいて良いんですか?

 

もしかしたらその痛み、病気かも?

 

気になる陰部・外陰部の痛みが起こる原因と痛みに対する対処法についてまとめてみました。

 

陰部・外陰部に痛みが起こる原因:性交渉によるもの

陰部や外陰部に痛みが起きた場合、考えられるのが性交渉によるものです。

 

性交渉による感染症も陰部・外陰部に痛みを引き起こす可能性がありますが、その他にも膣内の潤いが不足したまま性交渉を行った時に痛みが生じる場合もあります。

 

性交渉による感染症が引き起こす痛みの場合には、パートナーも感染症に感染している可能性が高いため、陰部・外陰部の痛みを解消する為にはパートナーも一緒に治療をしていく必要があります。

 

陰部・外陰部に痛みが起こる原因:下着の擦れによるもの

陰部・外陰部は他の場所と比べても、外部刺激に弱い場所です。

 

衣類による擦れ、ナプキンによるかぶれなど些細な刺激にも過敏に反応してしまいやすいのです。

 

下着の締め付けが強い物を着用していたり、下着の素材が肌に合わなかったりすると常に身に付けるものですから肌に擦れてしまって痛みが発生してしまう場合があります。

 

また、生理中のナプキンによるかぶれで悩まれている方は非常に多いかと思いますが、かぶれから陰部・外陰部がただれてしまい、痛みに変わる事もあります。

 

生理中以外も言える事ですが、下着の中はムレやすく細菌が繁殖しやすい場所なので、なるべく通気性を良くする必要があります。

 

陰部・外陰部に起こる痛みの解消法

まず、陰部・外陰部に痛みが起きているにも関わらず放置する事は危険です。

 

かぶれや摩擦による痛みの場合には、さほど状態が悪化する事はありませんが、感染症が引き起こしている場合には状態が悪化する可能性があります。

 

デリケートゾーンの悩みというのは、なかなか人には言いづらく、病院に行くのも躊躇う方も居るのではないでしょうか。

 

ですが、陰部・外陰部に痛みが起こるという事は体から異常を知らせるサインです。

 

放置しておくという事は大変危険です。

 

日頃から下着は締め付け過ぎない物を選び、通気性と吸湿性に優れた綿素材の物を選ぶようにしましょう。

 

また、生理中はいつもより陰部・外陰部もデリケートになっている事からかぶれやすいので、痛みを予防する為にもナプキンはこまめに交換して下さい。

 

そして、陰部・外陰部に痛みが起きた場合には体に異常が起きているサインですから、その内治るだろうと考えず早めに病院へ受診される事をオススメします。

 

 

陰部,外陰部,痛み

 

陰部,外陰部,痛み

ページの先頭へ戻る