陰部のひどいかゆみやできものの原因と解消法

陰部に突然かゆみが起きたり、できものが出来ているのに気がついたときびっくりしますよね。

 

正直、陰部の事なんて家族にだって相談しづらい事だと思います。

 

そこで陰部にひどいかゆみをもたらすできものは、何が原因で出来るのかその原因と解消法についてまとめてみました。

 

陰部にかゆみをもたらすできものの原因

ある日突然陰部にひどいかゆみが起きたら、心配になりますよね。

 

それにできものまで出来ていたら、何か病気なのではないかと気に病んでしまうでしょう。

 

まず、陰部にひどいかゆみをもたらしてしまうできものが出来る原因として考えられるのが、

 

・細菌の繁殖によるもの

 

・性交渉による感染症

 

このいずれかが当てはまります。

 

性交渉をして感染症に感染している場合には、できもの以外にも色々な異変が体に起きると思います。

 

感染症で変化が表れるのは「おりもの」ですね。

 

色がいつもと違ったり、おりものの感じが違ったりします。

 

万が一、生理でもないのに出血をするなどの明らかな異変を感じた場合には早めに病院を受診する事をオススメします。

 

細菌の繁殖が原因となるできものは、日頃の陰部に対するケアが不十分である可能性が高いと言えます。

 

陰部は高温多湿になりやすく、細菌が繁殖する為のエサも豊富な場所ですからケアは大切になってきますね。

 

陰部にかゆみをもたらすできものの解消法

陰部にできものが出来る原因は、細菌の繁殖か性交渉による感染症のいずれかになります。

 

解消法としては、細菌の繁殖が出来ないように日頃のケアを怠らないこと。

 

下着の中は尿や皮脂などの恥垢が溜まりやすい場所。

 

恥垢は細菌のエサになりますから、丁寧にデリケートゾーン専用の石鹸で清潔な状態を保ちましょう。

 

次に、性交渉による感染症が原因の場合には、市販されている陰部用のかゆみ止めなども効果がありません。

 

感染症の場合には、必ず病院に受診して検査を受けた上で適切な処置をしてもらう必要があります。

 

性交渉による感染症から陰部にできものが出来た場合には、おりものにも異常が起きている場合が多いです。

 

陰部にできものが出来たのに気付く前におりものにも異常が出る場合もあります。

 

いずれにしても、性交渉による感染症が原因であればパートナーも感染している可能性が非常に高いです。

 

性交渉による感染症という診断を受けた場合には、パートナーにも治療してもらいましょう。

 

二人共治療をしなければ、また陰部にできものが再発してしまいかねません。

 

細菌の繁殖による場合も性交渉による感染症の場合も、あまりかゆみが酷く掻きむしってしまう場合には早めに病院を受診してお薬を処方してもらう事が完治への近道ですね。

 

 

陰部,かゆみ

 

陰部,かゆみ

ページの先頭へ戻る