陰部の正しいケア方法

あなたは陰部のケア間違っていませんか?

 

絶対に正しいケアが出来ていると自身を持って言えますか?

 

実は、正しいと思ってケアを続けているのに陰部のにおいが酷かったり、かゆみがある場合にはケアの方法が間違っているかも…。

 

そんな知らず知らずのうちに間違えてしまいがちな陰部の正しいケア方法をまとめてみました。

 

陰部のケアが不十分な時に起こること

陰部のケアの仕方って、どんなに仲の良い友人相手であっても聞けない内容ですよね。

 

何となくで済ませていませんか?

 

実は間違ったケアを繰り返していると、陰部からのにおいがキツくなったり、かゆみなどの皮膚トラブルが起きたりと悪影響だらけなんですよ。

 

そもそも陰部からにおいやかゆみが起きるのは、全て「細菌の繁殖」が原因です。

 

陰部にある汗腺「アポクリン汗腺」から分泌される汗には、皮脂も含まれています。

 

また、陰部には尿や皮脂などの「恥垢(ちあか)」が溜まりやすく、これらは細菌にとってはエサとなります。

 

細菌のエサが豊富な陰部には他の場所よりも、細菌が繁殖しやすくなっています。

 

つまり、においやかゆみなどの皮膚トラブルを未然に防ぐ為には細菌を繁殖させないことが大前提となります。

 

細菌のエサになる汚れを綺麗に取り除かなければ、細菌はいくらでも繁殖します。

 

ですので、間違ったケアを続けることはにおいやかゆみなどの皮膚トラブルを悪化させてしまう事と同じになるんです。

 

陰部の正しいケア方法

陰部のにおいやかゆみなどの皮膚トラブルが気になり過ぎるあまり、洗い過ぎるのも実は逆効果になります。

 

今や欧米では当たり前になっているデリケートゾーンのケアが、日本でも普及してきました。

 

その為、角質層が薄く他の部位よりも刺激に弱いデリケートゾーン専用の石鹸も販売されています。

 

「いつも綺麗にしているつもりなのに、何だかかゆい…」

 

もしかして、陰部を体を洗う時に使うボディソープで洗ったりしてませんか?

 

体を洗うボディソープは、実は陰部を洗う為に使用するのは刺激が強いんです。

 

陰部はお顔よりも角質層が薄い場所。

 

洗う時には必ずデリケートゾーン専用の石鹸を使いましょう。

 

また、においやかゆみなどの皮膚トラブルが気になるからと言っても洗い過ぎるのは、皮膚にある常在菌まで洗い流してしまう事になりますのでやめて下さいね。

 

陰部をケアする時は必ずあらかじめ泡立てた泡で指の腹を使い、優しく丁寧に洗いましょう。

 

直接ボディソープを陰部に付着して洗ったり、ボディタオルでゴシゴシ洗う事はデリケートな陰部には厳禁!

 

正しいケアを心がければ陰部のにおいやかゆみなどの皮膚トラブルも、徐々に回復していきますので改めて陰部のケアのあり方を見直してみて下さいね。

 

 

陰部,正しいケア

 

陰部,正しいケア

ページの先頭へ戻る