おりものとは?なかなか聞けない「おりもの」の悩み

おりものは女性の体を守ってくれる大切なものですが、おりもので悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

 

今回はなかなか周りの人には聞きづらい「おりもの」の役割についてまとめてみました。

 

おりものって悩みの種?おりものが女性の体に欠かせない理由

まず、おりものとは何でしょう。

 

おりものとは女性器から分泌されるもので、女性の体を守ってくれるという役割を果たしています。

 

肛門との距離が近く、尿道から膣までの距離も近い事から雑菌が侵入しやすい場所であるデリケートゾーン。

 

その雑菌の侵入を防ぐ為におりものがあります。

 

おりものにはデーデルライン桿菌と呼ばれる善玉菌が含まれていて、これが膣内を弱酸性の環境に変えその状態を保ってくれるので様々な雑菌が侵入出来ないようになっているのです。

 

もう一つおりものが女性の体に欠かせない理由が、「受精をスムーズにする」という役割も果たしています。

 

男性の精子はアルカリ性で、弱酸性の環境に弱いです。

 

女性の体は排卵日が近くなるにつれて、子宮頚管からおりものの分泌量が増します。

 

おりものの分泌量が増加すると、膣内の環境がアルカリ性に変化して精子がスムーズに子宮まで届きやすい状態になります。

 

受精を助けてくれるのも、おりものが分泌されているからこそという事なんですよ。

 

おりものの悩みが増加するのは20代〜30代

おりものの分泌量は少ないときもあれば多いときもありますよね。

 

これは女性ホルモンの分泌量に依存しており、女性ホルモンの分泌量が増える20代〜30代女性は必然的におりものの分泌量も増加します。

 

月経を初めて迎える10代の頃はまだ女性ホルモンの分泌量が安定していないので、おりものの量も多くはありません。

 

20代〜30代には、妊娠を迎える為に女性ホルモンの分泌量も盛んになりますのでおりものの分泌量も増加して、おりものに関する悩みもこの時期に増えます。

 

おりものに関する悩みってどんなの?

 

おりものに関する悩みと言うと、分泌量が増加する事からのムレやかゆみが代表的です。

 

あとはにおいに悩まれている方も多いです。

 

おりもの自体にはにおいがないものの、おりものに雑菌が繁殖してしまってにおいが発生します。

 

おりものに関する悩みを解消する為には、おりものシートを活用する、デリケートゾーンの洗い方を見直すなどが挙げられます。

 

デリケートゾーンに雑菌が残っていると分泌されたおりものが混ざって、においの元となりますので普段から丁寧にケアをするようにするとおりものによる悩みも解消されますよ。

 

 

おりもの,悩み

 

おりもの,悩み

ページの先頭へ戻る