アソコの黒ずみ諦めないで。

デリケートゾーンの黒ずみで悩んだことがありませんか?

 

水着を着たり、彼氏とのエッチに備えて、脱毛やアソコを確認すると自分が思っていた以上にデリケートゾーンが黒いことに驚いたことを覚えています。

 

どうしてデリケートゾーンがあんなに黒くなるのか?勿論身体の一部なので、顔のシミ等と一緒なのです。

 

まずは遺伝的な可能性

親戚やご両親に聞けば、もしかしたら……と思うことはあるかもしれません。

 

私も、遺伝的にシミやほくろができやすい家系です。

 

メラニン色素の沈着

例えば足の股ズレで起きる摩擦、それがなくても下着を着て生活をしていると、肌をこするきっかけになるのです。

 

これには驚きました。自分は足が太い、という原因からメラニン色素の沈着。

 

つまり肌の黒ずみを起こしているのだとばかり思っていましたが、下着を着るだけでも黒ずみになってしまうのか……と。

 

しかし、生活をしているゆえに下着を着ないわけにはいきません。

 

じゃあ、どうしたら黒ずみを改善できるのか?

 

1、皮膚科、美容外科による治療。

 

確かに専門医に任せたほうが、心配はないですね。

 

しかし、治療となればそれなりのお金もかかってきます。

 

正直、何かしらお金がかかる時代で、美容外科等にお金を使う余裕は全くないです。

 

2、デリケートゾーン専用の石鹸を使う。

 

3、保湿クリームで皮膚をふかし、新たな皮膚を再生する。

 

2,3に関しては、原理的には似ているのです。

 

今の時代黒ずみ専用の石鹸というものが各社で発売されることが多くなりました。

 

確かにいいと思いますが、継続して使おうと思うとそれなりのお金が必要となります。

 

なので、保湿クリームを入浴後に塗布します。それを繰り返していると古い皮膚が角質となってだんだん取れていくんです。

 

この時代、街を歩けば沢山の綺麗な女性に会います。

 

皆、髪の毛やダイエット、食事、服にもお金を使ったりして、陰ながらのやりくりをしている人もいるし元々お金がある人もいるので、すごいなぁうらやましいなぁと思ったりします。

 

どんなことでも無理のない程度に、継続していくことが大切と言えるでしょう。

 

だから、お金がなくてどれも無理という方は、デリケートゾーン専用の石鹸やオイルなどを使うとよいでしょう。

 

 

デリケートゾーン,あそこ,黒ずみ

 

デリケートゾーン,あそこ,黒ずみ

ページの先頭へ戻る