泡を立てて洗う、できるだけ外に匂わせないように努力

20代の前半のこと、付き合っている男性から「みんながうわさしている」「ワキガがくさい」と言われました。

 

当時、自分がどうなっているのかわかりませんでした。

 

きっと、「汗臭いのか」くらいだと思っていました。

 

女性の誰も私がくさいことに触れることはありませんでした。

 

40代になり、女性ばかりの職場で仕事をするようになり、毎日ロッカーで同時に多くの人が着替えをするようになりました。

 

コロンや香水は禁止されている中、使えるものはデオドラントの無臭スプレーのみです。

 

ロッカーが臭ったり、裸になって着替えるとなるとにおいが気になります。

 

ふわっと臭うのはやはり好ましくないと思うようになりました。

 

自分のにおいは置きっぱなしにする作業着でほぼわかります。

 

それすら気にならないのは意識していないのだと思うようになりました。

 

更年期にもなり始め、めまいやのぼせなど起きるようになると、さらににおいに敏感になりトイレでも自分が臭うのではと思うようになりました。

 

そこで、今までナプキンは「生理のとき」のみ使えばよいのだろうと勝手に思っていました。今では毎日利用するようになりました。

 

とにかくシートをつかうことにより、外に出る自分のくさいにおいが抑えられていることに気が付きました。

 

激しい動きに尿漏れもするようになりどちらにしてもシートが不可欠のです。

 

もっと早く気がつけばよかったと今では思います。

 

また、お風呂に入った時ですが、Vゾーンやワキなどはこするのではなく、今どきのしっかり泡を立てて洗うことを心が得ています。

 

そして風呂をあがるまえには、もう一度石けんが残っていないか確認しながら、お湯を浴びてから出るようにしています。

 

においの出る体の部分はある程度決まっていると思うので、泡を立てて洗うことを非常に意識しており、できるだけ外に漏れないようにシートやパットを当てることにしました。

 

 

デリケートゾーン,泡を立てて洗う

 

デリケートゾーン,泡を立てて洗う

ページの先頭へ戻る