デリケートゾーンは悩まず病気へ行くことをおすすめします。

それでも産婦人科へは行ったことがなかったので痛いというイメージもあり、怖くて、産婦人科へ行けなかったのです。

 

ですが、ある日知人から、同じような症状で産婦人科へ行ったという話を聞きました。

 

その知人は、薬を塗っただけで治ったということ、どんな感じで診察を受けるのかということを聞けたので、勇気を振り絞って産婦人科へ行ってみることにしました。

 

女性の先生がよくて、意外と近くにあったので仕事の合間をぬって行ってみました。

 

検査をしてもらったところ、カンジダとのことでした。

 

膣内に錠剤のお薬を入れてもらいました。

 

1週間程でそのお薬は消えてしまうそうです。

 

それと塗り薬を塗るよう言われました。

 

診察が終わったあとずっと悩んできたこともあり、涙が出そうなくらいホッとしました。

 

それに女性の先生なので、言葉遣いや、対応にも心遣いがありました。

 

診察中も痛いなどとは全く思いませんでした。

 

とてもリラックスした状態で診察を受けることができました。

 

院内にも女性の患者さんがたくさんいて、きっと私と同じような悩みを持った女性もいるんだろうな、と思うとそれもホッとする要因でした。

 

もっと早く行けば良かったと、すごく後悔しました。

 

カンジダは、ウォシュレットやシャワーなどに付着しているカビなどが原因で発症してしまうそうです。

 

私の場合はウォシュレットが原因だったようです。

 

また精神的なストレスでもなってしまうこともあるそうです。

 

経過観察でその後2度通いましたがあっという間に完治しました。

 

もし私と同じような悩みを抱えている女性や、少しでも気になることがあれば、女性にとって大事な場所なのですぐに産婦人科へ行くことをおすすめします。

 

私はその後も1度かかりましたが、1度産婦人科へ行っただけですぐに完治しました。

 

今はずっと何ともなく、元気に毎日過ごしています。

 

 

デリケートゾーン,悩まず,病院

 

デリケートゾーン,悩まず,病院

ページの先頭へ戻る