デリケートゾーンのお手入れについてのアレやコレ

皆さんはデリケートゾーンのお手入れはどうされていますか?

 

普段からあまり気にしてない方、ものすごく丁寧にお手入れされている方、ここぞの時だけしっかりお手入れする方、きっと皆さん千差万別ですよね。気心知れた仲間とのガールズトークでもちょっと話題にくいデリケートゾーンについて語らせて下さい。

 

まずは陰毛のお手入れについてです。

 

どんな処理が向いているのでしょうか。

 

デリケートゾーンはとっても敏感です。

 

専門のサロンで施術を受けるのであれば心配いりませんが、自分で処理をするときは要注意です。

 

特に体質に合わない除毛テープや除毛クリームはスキントラブルの元です。

 

外性器の周辺の除毛をするときは剃刀で処理することをオススメします。

 

綺麗に剃るポイントはボディソープを洗顔するときのようにしっかり泡立ててからデリケートゾーンにまんべんなく塗ります。

 

剃刀を当てるときは毛の流れに逆らうようにして後ろから前に、下から上に向けて一方通行にそっと剃ります。

 

同じ場所を何度も繰り返して剃ると皮膚が荒れてしまい痒みの原因になるので気を付けて下さい。

 

次におりものや経血などの膣からの分泌物についてです。

 

おりものやシートやナプキンはトイレにいく度に交換しますよね。

 

おりものや経血には雑菌が繁殖するための栄養分がたくさん含まれています。

 

加えて適度な湿度と温度があるので雑菌には最高の環境です。

 

雑菌が繁殖すると悪臭が発生するだけでなく、デリケートゾーンのかぶれや痒み、膣炎の原因になることもあります。

 

たとえおりものシートやナプキンへの付着している量が少なくても小まめに交換することは大切です。

 

最後にデリケートゾーンの洗い方についてです。

 

身体の中でも一番汚れが気になる部分ですね。

 

洗うときにも注意が必要なんです。

 

実は石鹸でゴシゴシ洗うのは避けた方が良いってご存知でしたか。

 

膣の中には自浄作用をもった細菌がすんでいます。

 

でも清潔にしようとして膣の那賀まで石鹸で洗うしまうと良いはたらきをする細菌も死んでしまい膣炎になってしまうことがあります。

 

この細菌は体調不良のときや、抗生物質を服用しているときも現象しやすいので体調管理も大切です。

 

さて、以上で私のお話は終わりになります。参考になったでしょうか。

 

 

デリケートゾーン,お手入れ

 

デリケートゾーン,お手入れ

ページの先頭へ戻る